60代からのパーソナルトレーニング でー14kg 膝痛改善

海老名・中央林間のパーソナルトレーニング スタジオZilch(ヂルチ)」 代表パーソナルトレーナーのYosuke(町田洋祐)です。


高齢になると痩せられないと思って諦めてしまっている方、たくさんいらっしゃるのではないですか??

そんなことはございません。

基礎代謝が下がっているし

筋肉量も低下している

痩せるために必要なL-カルニチン の濃度も若い時より低い。

あちこちの関節が痛くて運動できるのかも心配。

 

でも諦めることはありません。

パーソナルトレーニング スタジオZilch(ヂルチ)はシニアのお客様にも強いジムです。

運動強度の調整、種目の設定はオーダーメイドですし、何より「筋膜リリース」「スポーツ整体」でケアが可能なのです。

 

パーソナルトレーニング ビフォーアフター

60代女性 Aさん −14kg!!

体重 72.7kg  → 58.7kg (ー14kg)

体脂肪率 40% → 27.6% (ー12.6%)

内臓脂肪14 → 6 (ー8)

 

お客様の声

 

公式LINEにこんな感想をまでいただくことができました^^

半年にわたり、熱心に指導して頂き、楽しくトレーニングできました。

右膝が痛くて、まともに歩けなかったのに、今では信号で走れるようになったことは、本当にびっくりです❗️

ゴールデンウィークの旅行✈️に向けてのスタートでした。

コロナで旅行は叶いませんでしたが、思っていた以上の成果が出ましたことに、関わってくださったトレーナーの先生方達に、心より感謝申し上げます✌️

身体が変わったこと以上に、気持ちも前向きになりました。

痛みから解放されて、これからの生活を楽しく過ごしていきたいと思ってます。

ほんとにありがとうございましたm(_ _)m

 

ーお客様からのZilch公式LINEより引用ー

本当に嬉しく思います^^

パーソナルトレーニング はお客様とマンツーマンで行っていきます。

週1か2、お会いするわけですから信頼関係がとっても大切。

こうやってお客様のお役に立てて、良い結果が出ることが何より嬉しいですね^^

 

Aさんは整形外科で膝を診てもらい、

「加齢によるものです」

と説明され、変形性膝関節症と診断されました。

「加齢による軟骨のすり減り」

という説明でよくあるやつですね。

変形性膝関節症とは?

「症状」

男女比は1:4で女性に多くみられ、高齢者になるほど罹患率は高くなります。主な症状は膝の痛みと水がたまることです。
初期では立ち上がり、歩きはじめなど動作の開始時のみに痛み、休めば痛みがとれますが、正座や階段の昇降が困難となり(中期)、末期になると、安静時にも痛みがとれず、変形が目立ち、膝がピンと伸びず歩行が困難になります。

「原因と病態」

原因は関節軟骨の老化によることが多く、肥満や素因(遺伝子)も関与しています。また骨折、靱帯や半月板損傷などの外傷、化膿性関節炎などの感染の後遺症として発症することがあります。
加齢によるものでは、関節軟骨が年齢とともに弾力性を失い、遣い過ぎによりすり減り、関節が変形します。

 

日本整形外科学会ホームページより引用

 

膝が痛みを軽減させるためには、周囲の筋力強化、体重の減少、関与する筋肉をほぐし柔らかくすることや、関節の正しい使い方の習得が必要だと思います。

実際、Aさんは最初の1ヶ月程度で「痛みがない」と喜んでいただけました^^

 

高齢だからといって諦めることはないのです^^

全力でサポートさせて頂きますよ★

いつまでも若々しく力強く、そして誇れる見た目になりましょう^^

きっと自信に満ち溢れて人生が変わることと思います。

 

そんなパーソナルトレーニング スタジオZilch(ヂルチ)

海老名店だけでなく、小田急/田園都市線 中央林間駅徒歩4分の位置にも2店舗目がオープンしております^^

こちらも段々お客様が増えてまいりました。

ぜひ初回体験のお問い合わせをくださいね^^

 

お問い合わせはこちらより


海老名・中央林間駅のパーソナルトレーニング スタジオZilch(ヂルチ)

代表パーソナルトレーナー Yosuke(町田洋祐)