女性の脚が太りやすいわけ

海老名・中央林間のパーソナルトレーニング スタジオZilch(ヂルチ)パーソナルトレーナーのYosuke(町田洋祐)です。

女性の方で脚痩せできずに困っている方、非常に多いのではないでしょうか?

生物学上、男性は『りんご型肥満』といってお腹が出やすく

女性は『洋梨型肥満』といって下半身が太りやすい方が多いと言われております。

生物学上の問題でもあるのですが、これにはもっと理由があるのです。

 

男女で骨盤の形が違う

女性と男性で大きく違うのは、『月経の有無』つまり出産できるかどうかです。

女性は出産ができるよう、男性と骨盤の形状が大きく異なるのです。

男性の骨盤は底が狭く上に伸びる『すり鉢型』をしています。

女性の骨盤は横に広がり丸みを帯びた『お茶碗型』をしています。

女性は骨盤の中に直腸、膀胱、尿道の他に『卵巣』『卵管』『子宮』があるため男性に比べて広がっています。

また、出産できるよう容易に骨盤が開く性質をしているため結合が緩く『骨盤が歪みやすい』のです。

血管も骨盤の底の丸みにそって湾曲してしまうため血流が滞りやすいです。

骨盤の歪みも血管を圧迫し、これもまた血流が滞りやすくなります。

さらに月経が近づくと子宮が膨らむため、さらに血流が悪く、冷えの症状も出やすくなります。

このように男性に比べて3つも下腿の血流が悪くなる原因があるのです。

 

血流の悪さが太る原因になる

ここまで読んでいただくと、血流の流れが悪いことを改善する必要があるのはなんとなくイメージが沸くでしょうか?

当店の保育士兼アシスタントのShioriです。

身長156㎝

左 2017年 38kg

中心 2019年 39kg

右 2020年 39kg

なんとどれもほぼ体重変わらずですが、一番右のお尻のラインが一番綺麗なのわかりますか?劇的にヒップアップしました!!

それまで身体は細いもののセルライトがあり、お尻の下がいまいちですよね?

2017年〜2019年まで、脚・臀部の筋肉が非常に硬く血流が悪かったのです。

2020年とっても綺麗なお尻を手に入れました。

 

改善方法

姿勢に合わせた筋トレをする

Shioriのトレーニングメニューは私Yosukeが考えたものをやってもらっています。

骨格が関節が柔らかすぎて、骨盤は前傾位置になっていたり後傾位置になっていたり定まりません。

大臀筋(お尻)の筋肉の走行が下に落ちてしまっており歩き方を見ると股関節が伸びていないんですよね。専門的にいいますと、ハムストリングス、大臀筋が使えていないのです。

そのため、その筋肉群のトレーニングである股関節の伸展という脚を後ろに伸ばす動作を優先した低強度のトレーニングをみっちりやってもらっています。

 

人間の身体は使っていない位置に脂肪が溜まりやすい性質があります。

姿勢によっては、使いたくても使えない筋肉が出てきます。

だから整体や、姿勢に合わせたトレーニングが大切なのです。

だから身体を変えるにはパーソナルトレーニングが理想的なのです。

 

ボディメイクするなら『体重を落とす』だけに目を向けず、Shioriのように『同じ体重でも見た目が美しい身体』を目指しましょう!

 

筋肉を柔らかくする

彼女は毎日自分の手で脚を揉みほぐしています。

優しい力で揉み解す。これは筋膜リリースにおいても非常に大切なこと。当店の筋膜リリースは基本的に圧が弱く優しい力で行います。

なぜなら強い刺激に対し、筋肉は防御反応を示し硬くなるためです。

筋肉を柔らかくするためには大切なことが3つあります。

 

  1. セルフケアや施術を受けて柔らかくする方法
  2. 食生活を整え血液をサラサラにする方法
  3. 運動をすることで筋肉を動かす方法

筋肉が硬い人には、どれか一つでも欠けてしまってはダメです。

 

どうですか?

私のことだ!と思った方もいるかもしれませんね><

ぜひ自分の身体と向き合ってみてください。

 

海老名・中央林間のパーソナルトレーニング スタジオ Zilch(ヂルチ)

代表/パーソナルトレーナー Yosuke(町田洋祐)